Home > 施設紹介 > 減容固化プラント

減容固化施設(2基)
合計52.6トン/日の生産能力を有します
搬入された廃棄物よりRPF(固形燃料)に適したものを選別し、原料として使用しています。より細かく破砕され一定の比率で混合された廃棄物(プラスチック・紙くず・木くず・繊維くず)は、特殊な熱処理により固形化された後、バイオマス燃料として生まれ変わります。
このように徹底した選別のうえで製造されたRPF(固形燃料)は、石炭など化石燃料の代替燃料として、製紙工場などに売却しています。

RPF(固形燃料)